用紙の厚さについて

「コート73kg」「上質110kg」「マットポスト220kg」・・・用紙を選ぶときに表示される「Kg」って、一体何の重さ?と疑問に思われる方も多いかと思います。 この「kg」とは、実は用紙の厚さを目安としてあらわしているものなのです。

厚さの「kg」表現について

印刷に用いられる用紙の厚さは一般的に「mm」ではなく「kg」という目安で表されます。
70kgや90kgなどの重さは、印刷用紙を原紙サイズで1,000枚(=1連といいます)積んだときの重さです。この用紙の重さのことを「連量」といいます。連量が重くなるほど、用紙の厚さも厚くなります。
用紙の原紙サイズはいくつかありますが、弊社では四六版という紙の原紙サイズでの表記に統一しています。

厚さの目安について

用紙の厚さの目安は、以下の通りです。

紙の厚さの目安について
適量 厚さ
(用紙の種類によって異なります)
厚みイメージ
55kg 約0.09mm コピー用紙より少し薄い用紙です。
70kg(73kg) 約0.08mm~0.10mm コピー用紙とほぼ同じ厚さです。
90kg 約0.09mm~0.13mm ちょっとしっかりしたチラシにお勧めです。
110kg 約0.10mm~0.16mm ある程度しっかりした厚みがあります。
135kg 約0.13mm~0.19mm しっかりとした厚みとなり、ポスターなどによく使用されます。
180kg(超厚口) 約0.21mm~0.26mm 郵政ハガキとほぼ同じ厚さです。
220kg 約0.25mm 郵政ハガキよりも厚く、かなりしっかりとした厚さです。
※適量は用紙の厚さを知る目安になりますが、同じ適量でも用紙の種類によって厚さが多少異なります。例えば、コート90kgは厚さ約0.01mmですが、上質90kgは約0.13mmです。用紙の特徴については「用紙一覧から選ぶ」をご覧ください。

厚み・感覚について

「70kgってどれくらいの厚さですか?」とよくお問合せをいただきます。その際は口頭で目安を説明させていただくのですが、最適な紙の厚さは商品の用途やお客様の好みによって様々でございます。お時間に余裕があるようでしたら、実際にお手にとってご確認されるのが一番確実です。

あーりーぷりんとでは、取り扱い用紙の全種類、全厚さの用紙見本をセットにした「用紙見本セット」を無料でご用意しております。用紙見本セットは「サンプル請求」よりお申し込みください。